『また逢う日まで』1950年

映画『また逢う日まで』1950年田島三郎(岡田英次):戦争に疑問を抱く学生。唯一慕っていた兄が軍国主義に染まってしまい、孤独を感じている。小野蛍子(久我美子):貧しい画家。田島二郎(河野秋武):父と共に、軍国主義を非難す […]

『総合商社 特命班』

『総合商社 特命班』波多野 聖角川春樹事務所  16商社の仕事は時間勝負 35インドで感情を表に出さない絶対に顔に出すな 58日本人は自分でも気づかないでつい笑顔を見せる&nbsp […]

『GO』(2001)

『GO』2001年製作/122分/日本配給:東映  窪塚は日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を史上最年少で受賞原作者である金城一紀が「映画化する際の桜井は柴咲コウ」と最初から彼女をイメージミスチルの「 […]

あと花座だけ

新宿末廣亭真打披露興行 夜席 6月11日「たけのこ」 12日「安い店」13日「柳田格之進」 14日「稲川」 15日「ハーディーガーディー」 16日「たがや」 17日「中村仲蔵」 18日「七段目」 19日「片棒」 20日「 […]

『「耳読(ミミドク)」で、もっと読めるようになる!』

『「耳読(ミミドク)」で、もっと読めるようになる!』上田渉ディスカヴァー・トゥエンティワン 4アメリカは元々自動車社会だったこともあって、車の中で手軽に聞けるエンターテイメントや学習コンテンツが求められていた5 […]

『伊豆の踊子』1963

『伊豆の踊子』1963年(昭和38年)川端康成の同名小説の4度目の映画作品。87分監督 西河克己出演 吉永小百合、高橋英樹、大坂志郎 川端康成原作、四度目の映画化。昔からアイドル映画としてテッパン素材。原作小説 […]

映画「カルメン故郷に帰る」(1951)

映画「カルメン故郷に帰る」(1951)日本初の総天然色映画初秋、北軽井沢東京で成功した娘おきん(リリィ・カルメン)スリットの入ったワンピース。三原色をあえて配置した計画的な配色。おきんの姉、ゆき父・正一校長(笠智衆)同僚 […]

『乾めん入門改訂4版』

『乾めん入門改訂4版』安藤剛久日本食糧新聞社 Ⅲ水分含有量が20%でも乾麺 1そばがめんとして造られるようになったのは15世紀 奈良時代(710-784)に、索餅がしょうゆ、納豆などの伝統食 […]

恐怖の報酬

恐怖の報酬 1953 南米奥地の油井で大火災が発生。祖国を追われ、その地に流れてきた4人の犯罪者は、1万ドルという「報酬」と引き換えに一触即発の消火用ニトログリセリン運搬を引き受ける。2台のトラックに分乗した男 […]

仲蔵狂乱

仲蔵狂乱松井 今朝子講談社 5蟠竜(はんりょう)とは。意味や解説、類語。地上にうずくまっていて、まだ天に昇らない竜 25今日の歌舞伎は襲名という言い方をよくするが、江戸時代にはごくふつうに改名といった […]