『総合商社 対露班』

『総合商社 対露班』波多野聖ハルキ文庫 16想定外を作らず 37民主国家同士の戦争はない 51総合商社がロシアに持つ原油・天然ガス権益 63軍用ドローン攻撃 64トルコが […]

『体が若くなる技術 』

『体が若くなる技術 』サンマーク出版太田成男  4中年太り代謝が悪くなる、とは、原料をエネルギーにつくり替える能力が低くなる 6ミトコンドリアがエネルギーを作る工場だとしたら、活性炭素は有害 […]

『バートン・フィンク』1991年

『バートン・フィンク』1991年 雰囲気づくり&観客が自由に考察できるようにそれっぽい用語を散りばめただけ(エヴァンゲリオンと似たようなもの) “小市民”と“邪悪”魔が差した小市民が悪事に手を染め絶対 […]

『大谷翔平86のメッセージ』

『大谷翔平86のメッセージ』知的生きかた文庫児玉光雄 15自分がどこに行きたいかわからない人には、追い風は吹かない 40盾を磨いても、戦いには勝てない。武器となる「剣」を磨いているか 41不 […]

『大谷翔平 常識を超えた100の秘密』

『大谷翔平 常識を超えた100の秘密』 インテルフィン編集部プロ野球史上、唯一無二の存在として世界に旋風を巻き起こす大谷翔平。彼のスゴすぎる伝説の数々を、幼少期からリトルリーグ時代、高校時代、日本のプロ野球在籍時代、そし […]

朝生7月29日「戦後77年若者たちの戦争と平和」

朝生7月29日「戦後77年若者たちの戦争と平和」貧困家庭、ヤングケアラー高齢化、税金負担、新卒手取り19万、格差や貧困は高齢者が多い女性、非正規が増えている、労働組合に入れない人核軍縮、日本オブザーバー不参加、アメリカの […]

「真昼の暗黒」

「真昼の暗黒」1956年 1951年に起きた八海事件単独犯だった犯人が罪を軽くすることを目的に4人の知人を共犯者に仕立てた。この事件を担当した弁護士、正木ひろしが著した『裁判官 人の命は権力で奪えるものか』を原 […]

『野田版 鼠小僧』

『野田版 鼠小僧』金に目がない棺桶屋の三太が、ひょんなことから鼠小僧に終盤、追い詰められ、逃げ道を用意されながらも、譲れない人情を守るべく自らの道を絶つことに汗だくで軽妙に舞台を立ち回る勘九郎。観客に、日常を離れ束の間で […]

『地獄の黙示録』

『地獄の黙示録』Apocalypse Now(1979 アメリカ)監督:フランシス・フォード・コッポラ脚本:ジョン・ミリアス、フランシス・フォード・コッポラ原作:ジョゼフ・コンラッド『闇の奥』製作:フランシス・フォード・ […]

『青春の殺人者』(1976、日本)

『青春の殺人者』(1976、日本)脚本:田村孟監督:長谷川和彦 「両親殺し」という重いテーマを題材に、20代で映画を撮ると明言していた気鋭の映画監督、長谷川和彦が殺人犯との意識の共有に挑んだ作品。長谷川は、自ら […]